感染経路に注意

designated prescription

ヘルペスの感染経路は主に性行為です。
ヘルペスは病変部に存在するヘルペスウイルスが体内に入り込むことによって感染します。ヘルペスウイルスが体に付着するくらいでは何ともありませんが、性器などの粘膜部分に触れたり、傷口から入り込むことによって感染してしまいます。
ヘルペスが生じる箇所については人によって様々なので、どのような経路で菌をもらうかはわかりません。
性器のみにできている場合はコンドームで防げる可能性がありますが、ヘルペスの多くが性器周辺に症状が出てくるので、結局コンドームでは防げません。
さらに恐ろしいのは、ヘルペスが生じるのは性器のみではないことです。例えば、唇などにも生じます。
性行為を避ける意味合いでオーラルセックスを行った場合は、口唇ヘルペスが男性器に移ってしまうこともあります。そのため、ヘルペスに感染している危険性がある場合は、とことん肉体接触を避けるしかありません。

ヘルペスウイルスはかなり強い菌です。粘膜や傷口などの環境でなければ長くは生きられませんが、生きている間は強い感染力を持っているので、時にはタオルや便座からの感染もあるようです。
性的な行為を避けていても、タオルから感染してしまう可能性もあるので、常に気が抜けない状態だといえます。
さらに、ヘルペスウイルスは一度感染すると体から根絶させることはできません。常に体の中にはヘルペスウイルスが存在している状態になり、ストレスや体調不良によって体の免疫力が弱ったとたんに再発します。
もちろん再発のたびに感染力を持っている状態なので、非常に厄介な病気です。
こうならないためにもヘルペスウイルスに感染しないように気を付けるのが一番ですが、一度でも感染してしまった場合は症状が生じる前にバルトレックスやゾビラックスを服用しましょう。
これらの薬にはヘルペスウイルスを減らす作用があるので、症状の初期段階で服用すれば痛みを感じる前に治療を行えます。